Atlassian Access の組織監査ログ

鍵を差し込んでいる人形

組織監査ログとは


組織監査ログとは、アトラシアンのクラウドツールで発生したアクティビティの包括的なログです。管理者はこのログによって、製品でアクティビティを行ったユーザーとその内容、時間を確認できます。

組織監査ログを使う理由


情報漏えい対策: ページまたはプロジェクトにアクセスしたユーザーや、機密情報をダウンロードまたはコピーしたユーザーを厳密に確認することにより、情報漏えい (例: 知的財産、健康または財務に関する機密データ) が起きた場合に、管理者はそのユーザーのアクセスを停止し、不審なアクティビティの詳細な記録を取得するようアクションを実行し、即座に救済アクションを取れます。

アクティビティの監視: トラブルシューティングまたは根本原因分析シナリオにおいて、管理者は特定の時期に起きた問題に関連するアクションを実行したユーザーを即座に確認できます。

コラボレーションの管理: 監査ログからの情報により、疑問に対する回答を得られます。「そのユーザーは、当該のページやプロジェクトを閲覧、編集してよいのか?」という疑問にはそのようなユーザーを削除できるようにする回答、または「このユーザーはアクセスできるはずの製品に、どのようにアクセスできなくなったのか?」という疑問にはアクセスを回復できるようにする回答を得られます。

仕組み


Access ダッシュボードでは、管理者は UI によって監査ログを確認し、フィルターをかけ、過去 6 か月間のアクティビティを CSV 形式でダウンロードできます。

組織監査ログのスクリーンショット