成功事例に学ぶ!生産性の高いリモートチームの社内問い合わせ&申請・承認業務の管理方法

ITヘルプデスクや各種事業部門への問い合わせ、稟議承認などあらゆるリクエスト管理を、「Jira Service Management」を用いて効果的に低コストで実現している株式会社マイクロアド。テレワーク下になっても変わらないその成功の秘訣をお話いただきます。

皆さんの組織では、社内のITヘルプデスクや経理や法務などの各部署への問い合わせ業務をどのように管理されていますでしょうか。直接メールやチャットで問い合わせを受け付け、スプレットシートで進捗を管理するといった運用に日々追われていませんか?また、リクエスト管理用のサービスデスクツールを導入したけれど、意外とライセンス費用が高く、もっと低コストで簡単に問い合わせを管理できるツールを探しているという方も多いのではないでしょうか。

本Webセミナーでは、2019年よりJira Service Desk(現在のJira Service Management)をITヘルプデスクとして導入し、その後ナレッジベースとして利用するConfluenceとも組み合わせて、様々な部署の問い合わせや申請・承認業務の管理等、広くご活用されている株式会社マイクロアド様をお招きし、ツール導入前の課題や導入のステップ、具体的なツール活用方法やおすすめの使い方、そしてコロナ禍で在宅勤務が主流となってからの状況等をお話いただきます。

対象者:

  • テレワーク環境での社内問い合わせや申請・承認業務の管理に課題をお持ちの方
  • コストパフォーマンスの高いサービスデスクをお探しの方
  • Jira Service Managementでのリクエスト管理にご関心のある方

ライブで直接ご質問もいただけますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

なお、本Webセミナーの登録に際して問題等ございましたら、お手数ですが kkevents@atlassian.com までご連絡ください。

スピーカー

米田慎輔 様 headshot

米田慎輔 様

株式会社マイクロアド システム開発本部 IT戦略グループ チーフアーキテクト

2019年3月に株式会社マイクロアドに中途入社。IT戦略グループにて社内リソース・コストの最適化や業務プロセスの再構築、業務環境のクラウド移行を担当。既に導入されていた Atlassian クラウド製品 (Jira Software/Confluence) の管理を担当するとともに、Jira Service Desk (現 Jira Service Management) をトライアルを経て本導入。アトラシアン製品を活用した社内のワークフロー整備やサポート業務管理、情報共有を推進中。

中川雄策 headshot

中川雄策

アトラシアン株式会社 マーケティング部 アソシエイトマーケティングマネージャー

パートナーマーケティングやコミュニティマーケティングを担当。日本ヒューレット・パッカードにて営業推進、およびパートナービジネス関連業務に携わり、2018年8月よりアトラシアンにて現職。アトラシアン製品やアトラシアンの提唱する文化で日本を大きく変革するため日々奮闘中。特技は阿波踊り。