Close

ステータス レポートから障害を取り除く

現在のステータス レポートは、かかる労力の割には価値がありません。Team Central がそれを変えます。

Meeples gathering at a fountain
Meeples gathering at a fountain
噴水の周りに集まった人々

整理された 1 つのフィードで簡潔に更新を管理

Team Central によって、古くなったステータス スプレッドシートをより優れたものにしましょう。メンバーが実際に読む、理解しやすいフィードで、誰もがリアルタイムの進捗、潜在的な問題、優先順位にアクセスできます。

製品のスクリーンショット
中に引用符があるハート

ステータス レポートが大好きです

と言った人は今まで誰もいません

中に引用符があるハート

ステータス レポートが大好きです

と言った人は今まで誰もいません

ステータス レポートを改善する必要がありました。
「改善後」をご覧ください。


ステータス レポートを改善する必要がありました。「改善後」をご覧ください。


週ごとの更新のスクリーンショット
更新

最適な更新を作成

文字数制限や、簡単に追加できるビデオと画像によって、メンバーが実際にやり取りする更新を作成できます。

フォロワーのスクリーンショット
followers

不要な情報を除外

利用可能な情報すべてではなく、関連する情報を入手できます。クリック 1 つでフォローするプロジェクトを選択できます。

更新のスクリーンショット
リマインダー

日常的な作業を自動化

プロジェクト所有者は、週末の結果を共有し、月曜日の朝にフォロワーの受信トレイに更新情報を配信するよう、リマインダーを設定できます。

ラベル: #marketing-leadership、#dev-speed、#living-our-values
ラベル

拡張に合わせて整理

10 の異なる視点から同じ更新を作成しなければならない時代は終わりです。ハッシュタグを作成してフォローし、部門、四半期、会社のイニシアチブなど、あらゆる視点から更新情報を確認できます。

Team Central チケットのスクリーンショット

すべてのプロジェクトのホームページ

更新のみを共有すると、さらに作業が増えることになります。すべてのプロジェクトで信頼できる唯一の情報源を利用し、フォロワーが簡単に使用できるフォーマットで、フォロワーが希望するコンテキストを提供できます。

製品のスクリーンショット
ページツリーアイコン

プロジェクト履歴

先週や先々週に起きた内容の記録

頭の中のハート

followers

更新情報を読んでいるユーザーをその作成者に通知する

ボードのアイコン

目標期日

チームの信頼度を把握するために、非現実的な締め切りを避ける

チームのアイコン

チーム

各プロジェクトで作業している人数だけでなく、メンバーを確認する

トロフィーのアイコン

目標

各プロジェクトが推進している成果を強調する

リンクのアイコン

リンクしたプロジェクト

すべてのプロジェクト所有者の依存関係の管理を最優先する

Android のアイコン

自動化されたリマインダー

手間いらずでプロジェクト所有者が共有し、関係者が対応できるようリマインダーを作成する

画像のアイコン

メディア埋め込み

動画更新、プレゼンテーション、簡単なメディア アップロードで読者を引き付ける

展開アイコン

組織全体でのフォーマット

すべてのチームが同じ基本的なプロジェクトの質問に関して連携する

リアルタイムの進捗に誰もがアクセスできます

3 月中旬公開

コミュニケーション不足の慣習をチームが断ち切るのをサポート

2021 年 3 月に、アトラシアンのチームが頼りにしている信念、行事、プレイを共有するために公開し、私たちの悪い慣習を取り除き、コミュニケーション方法に対して持続的で拡張性のある変更を行います。

コミュニケーションと追跡を統合する

Team Central は、チームによる追跡がどのように機能していても補完するよう構築されています。

Jira アイコン

Jira

エピックが変更されると即座に関係者に更新が通知されます。

Confluence アイコン

Confluence

プログラム全体のプロジェクト ステータスを要約し、プロジェクトのコンテキストを素早く確認できます。

Slack アイコン

Slack

ダイジェストをチャネルに提供し、ステータス更新を簡単に日常的な作業にできます。

ステータス レポートで全員の時間を無駄にする必要はありません。今すぐ Team Central をお試しください。

Flag with Atlassian logo on it

Powered by Point A