Close

カテゴリー

IT プロジェクト ポスター テンプレート

著者: アトラシアン

問題を明確に定義する (そして修正する)

テンプレートを使用する
IT プロジェクト ポスター テンプレート

多くの IT プロジェクトは、最初にソリューションを念頭に置き、そこからリバース エンジニアリングを行います。しかし、プロジェクトはそのスクリプトが反転すると、最も影響力が強くなります。最初に既存の問題を特定し、次に考えられる修正をすべてブレーンストーミングしてから、最適な問題に着手する必要があります。この IT プロジェクト ポスター テンプレートを使用して、問題点を深く掘り下げ、仮定を疑い、考えられるソリューションを検証し、最適な行動方針を選択します。

IT プロジェクトポスター テンプレートの使用方法

ステップ 1. 参加者を記録する

全員をプランニング セッションに含める必要はありません。「船頭多くして船山に上る」ということわざもあります。テンプレートの上部の表を使用し、プロジェクトの主導者や他の貢献メンバーなど、基本情報を記入します。@ メンションし、メンバーと最新情報を共有します。この表は、プロジェクトの優先順位を特定し、ステータスを設定する場所にもなります。そうすることで進捗をより簡単に監視できるようになります。

ステップ 2. 問題を特定する

このテンプレートは一見短いように見えますが、一度にすべてを記入することはできません。チームでいくつかのセッションを通して、すべてを詳細に調べてください。最初のセッションでは、特に問題点に焦点を当てます。どのような問題を解決しようとしていますか? なぜソリューションを見つけることが重要なのですか? 何もしなかったらどうなりますか? このような点について調べて、テンプレートの問題を定義するの表の一番上の行に回答を記入してください。

ステップ 3. 考えられる解決策をブレーンストーミングする

目標は、問題の特定ではなく解決です。チームとの最初のセッションでは、20 分を使って頭に浮かぶ解決策をまとめ、頭の体操をします。しかし、特定の解決策に深く入り込むのは、また別のセッションまで待ちましょう。この解決策をサポートするデータや情報はありますか? 解決策の成功の指標は何ですか? 未解決の課題は何ですか? これらすべてを、テンプレートにある問題の定義の表に記録します。このドキュメントは日々更新されるため、解決策をより深く追求するたびに情報を追加します。

ステップ 4. 影響を理解する

他者と関わりを持たずに仕事をしている人はいません。また、自分のソリューションが全員のプラスになることを期待する一方で、この修正を実行すると誰が影響を受ける可能性があるかを知りたいと考えるでしょう。問題を定義するの表の最後の行で、ソリューションの影響を調べます。どのチームの支援が必要ですか? 誰が影響を受けますか? このプロジェクトを遂行するために、どのような変更を加える必要がありますか? 作業を開始する前にこれらの質問に答えることで、積極的にアプローチし、いつでもコミュニケーションできる状態にできます。

ステップ 4. 影響を理解する

アトラシアンは、ソフトウェア開発者、プロジェクトマネージャー、コンテンツ管理向けの製品を開発するエンタープライズソフトウェア会社です。

  • Brainstorming template

    Mural

    ブレーンストーミング

    次の優れたアイデアに向けて、リモート ブレーンストーミング セッションを計画、実行、文書化します。

  • Business status update template

    Steven Bao

    R&D プログラム マネージャー
    アトラシアン

    ビジネス ステータス更新

    リーダーシップ チームに定期的なアップデートを、より大きいチームにはビジネスや製品パフォーマンスを提供します。

  • Capacity planning template

    アトラシアン

    キャパシティ計画

    見積もりや優先度決定からあて推量を排除します。