開発からデプロイまでチームのワークフローを保護する

セキュリティを Bitbucket Cloud に取り入れ、脆弱性の検出、修正、監視をすべて 1 か所で行えます。

DevSecOps が簡単に実現

セキュリティを開発ライフ サイクルにシームレスに統合します。

トップ ロケット

過去 3 年間で、オープン ソースの脆弱性が 250% 増加しています。

ボトム ロケット

開発者は、オープン ソースの依存関係とコンテナー イメージの潜在的な脆弱性をすべて Bitbucket 内から予測できます。

Snyk

無料で始める

オープン ソースの依存関係とコンテナーにおけるセキュリティの脆弱性を監視して修正しましょう


プル リクエスト スキャンでコードのセキュリティを向上

プル リクエストにプッシュされたらすぐにコードをスキャンして、コード レビュー プロセス全体を通して問題を早期に修正できるようにします。

Code Insights は、プル リクエストにレポート、注釈、メトリクスを提供します。

プル リクエスト スキャン
セキュリティ リポジトリ

Bitbucket リポジトリから離れることなく、強力なセキュリティ機能を活用

専用ダッシュボードで、リポジトリのセキュリティを可視化できます。セキュリティに関するインサイトと、これらのリポジトリ内の脆弱性の総数をご覧ください。脆弱性は、低、中、高のリスク スコア別に表示されます。

CI/CD ワークフローにセキュリティ テストを導入する

bitbucket-pipelines.yml にいくつかの設定行を追加するだけで、依存関係の脆弱性を自動的にスキャンできます。

Pipeline ワークフロー

セキュリティを Bitbucket Cloud に取り入れる

追加の DevSecOps リソース

Demo Den

Bitbucket Cloud の Snyk インテグレーションを使用して、コード内のセキュリティの脆弱性を検出、修正、監視する方法をご確認ください。インテグレーションの設定方法について、プロダクト マネージャーの話をお聞きください。

セキュリティ シールド

DevSecOps とは?

DevSecOps とは何か、なぜそれが重要なのかをご確認ください。

ニュース

Pipelines を Snyk と併用する

Snyk を CI/CD プロセスに取り入れて、シームレスに DevSecOps を行います。

パズルのピース

Snyk と Atlassian Open DevOps

Snyk が Jira や Opsgenie などのアトラシアン ツールとどのように統合されるかをご覧ください。