Close

コーディングの中断をなくして自動化

Jira Software と Bitbucket を組み合わせると、コードの変更が自動的にチーム内で共有されるため、周知する必要がなくなります。

Jira と Bitbucket の統合図
コードのリリース (出荷) アイコン

Jira と Bitbucket を統合しているチームは 14% 高い頻度でバージョンをリリース

Jira Software logo

コードとデプロイのステータスが Jira で一目瞭然

Jira と Bitbucket を統合すると、常に最新情報がボードに反映されます。これにより、機能のリリースが準備できたときに表示されて、まだ完了する必要がある作業を俯瞰できるようになります。


Jira 内で現在作業中のコードを確認

Jira ビューのコード内に、チームが現在作業中のリポジトリが自動的に表示されます。Bitbucket からのコミット、ブランチ名、または PR の要約に課題キーを含めるだけで、自動的に Jira で更新されます。

Jira 内のコードを表示する図
Jira での継続的デプロイのスクリーンショット

CI/CD のデプロイ情報と事前計画されたリリースの表示

Jira でのデプロイでは、顧客に提供している価値、どの課題がいつどこにデプロイされたか、ビルドが成功したか失敗したかをチーム全体で確認できます。

課題にある開発ステータスの更新をリアルタイムで確認

課題のコンテキスト内から開発ステータスを可視化します。Jira 課題開発パネル内から、ブランチやプル リクエストの表示や作成ができ、コミットを表示できます。

Jira のリアル タイム ステータス
Bitbucket ロゴ

Bitbucket 内からのプロジェクトの計画と追跡

自分の作業でコンテキストを把握して、更新情報をコードと併せてチーム全体に提供できます。Bitbucket の UI 内で Jira チケットの表示、編集、コメントなどが行えます。


作業ダッシュボードから割り当てられた Jira の課題を確認

割り当てられた Jira 課題を Bitbucket 内から一目で確認できるため、ツール間を行き来することなく、タスクから次のタスクへすばやく移動できます。

Bitbucket ダッシュボードのスクリーンショット
Bitbucket からの Jira 課題作成の画面キャプチャ

Bitbucket のコード レビュー内から Jira 課題を作成

プル リクエストのコメント内から直接 Jira 課題を作成して、フィードバックを実行可能な作業に変えます。チケットを特定のプロジェクトに割り当てられるだけではなく、チケットをクリックしてコラボレーションすることも可能です。すべて Bitbucket から完了できます。

Bitbucket 内で Jira プロジェクトを操作

Bitbucket の Jira 課題タブでは、コンテキスト情報をコードのすぐそばに表示できます。Jira 課題の表示と操作、コメントの追加、添付ファイルの表示、編集などが可能です。

Jira 課題タブ

Automation の手法

Jira と Bitbucket にまたがる面倒なタスクを自動化

数回クリックするだけで、Bitbucket と Jira にまたがるプロセスを接続して自動化するための自動化ルールを作成できます。コミット リクエストやプル リクエストなどのトリガーを設定し、Jira 課題の更新、QA の課題の再割り当てなどをルールでカスタマイズするだけです。

Jira Automation の画面キャプチャ

DevOps ソリューションの中心での作業

アトラシアンは (Bitbucket や Jira などの) 自社のツールとサードパーティ ツールを自動化で 1 つにまとめ、開発、IT オペレーション、ビジネス チームを、コードを気にする必要のない独自の方法でつなぎます。アイデア、コミット、ブランチのいずれであっても、各作業は Jira チケットにリンクされ、トップレベルの可視性と洞察を得られます。

プロジェクト ボードのイメージ

「Jira で当社のワークフローを構築し、それらの課題が Bitbucket で発生していることとどう関係しているかを確認できることのもたらす影響は非常に大きなものでした。私にとって最大のメリットの 1 つは、コミット メッセージで Jira の課題に関して実際にコミットできることです」

Kyle Gengler

シニア DevOps エンジニア、Nextiva

まずは無料でお試しください。
Jira Software のアカウントをお持ちですか?