Close

最新シリーズ「ライトニング トーク: Marketplace」で、アトラシアン ツールをカスタマイズする方法をご覧ください。今すぐ申し込む

カテゴリー

ITSM ウィークリー重大インシデント レポート テンプレート

著者: Jira Service Management

テンプレートを使用して、ITSM インシデントを毎週追跡してレビューする

テンプレートを使用する
ITSM ウィークリー重大インシデント レポート テンプレート

企業の成長に伴い、ITSM アーキテクチャの規模と複雑性も増大します。インシデントの発生は、すぐに対応する必要があるビジネス ニーズを満たすためのシステム開発とアップデートがもたらす自然な結果です。ITSM ウィークリー重大インシデント レポート テンプレートを使用して、ITSM システムのスムーズな稼動を維持します。テンプレートは、インシデントのステータスを定期的に追跡し、その解決方法についてチームをアップデートするのに役立ちます。

ITSM ウィークリー重大インシデント レポート テンプレートの使用方法

手順 1: インシデント管理情報を追加する

まず、その週に発生したインシデントに関する基本情報を追加します。各インシデント ID をリストアップし、インシデントに関連する Jira チケットとドキュメントへのリンクを貼り付けます。各インシデントの現在のステータスと優先順位を書き留めて、ITSM に随時知らせます。またチーム メンバーに @ メンションして、各インシデントの所有者と報告者を確認できます。

手順 1: インシデント管理情報を追加する

ステップ 2: 各インシデントをまとめる

インシデント情報を追加したら、ITSM チーム メンバーに対してより詳細なコンテキストを提供します。インシデントごとに、何が起こったのか、それがサービスとユーザーにどのような影響を与えたかを簡単にまとめます。また、添付したドキュメントで入手可能な情報について説明する必要があります。

手順 3: インシデント レポートを更新する

ウィークリー重大インシデント レポートをカスタマイズしたので、各インシデントの解決を進めるにつれて、テンプレートの更新を続けます。インシデントの報告者と所有者も、ステータス更新と作成された新しいドキュメントでテンプレートを更新する必要があります。更新ごとに、ITSM チームへの通知とコラボレーションを維持するために、進捗状況を記載してください。


Jira Service Management empowers teams with everything they need to get started fast. Check out capabilities for ITSM practices like request, incident, problem, change, and configuration management.

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • Design your ideal workweek template

    アトラシアン

    理想的なワークウィークをデザインする

    タスクを完了するためのステップ バイ ステップガイドを用意します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。