Close

最新シリーズ「ライトニング トーク: Marketplace」で、アトラシアン ツールをカスタマイズする方法をご覧ください。今すぐ申し込む

カテゴリー

ITSM 既知のエラー テンプレート

著者: Jira Service Management

既知のエラーを文書化して、ITSM チームがアラートに迅速に対応できるようにします

テンプレートを使用する
ITSM 既知のエラー テンプレート

非常に技術的に高度な ITSM チームであっても、常に最先端のツールを使用するとは限りません。エラーに対する最善の解決策は、一時的に回避して、リソースが使用可能になったときに改めて恒久的な修正を予定することである場合もあります。ITSM 既知のエラー テンプレートを使用し、解決策を文書化して、既知のエラーに関するステータス情報を更新します。ITSM チームは、既知のエラーへの対応方法をすばやく把握し、システムをスムーズに動作させられます。

ITSM 既知のエラー テンプレートの使用方法

ステップ 1. 既知のエラーのチケットを追加する

まず、ITSM チームがすばやくアクセスしなければならないエラーの基本情報を追加します。既知のエラーのチケットへのリンクを貼り付け、テンプレートでそのステータスを更新します。コンテキストの既知のエラーに関するチケットへのリンクも追加する必要があります。ブレーンストーミングと恒久的なソリューションを実装するときには、チームに必要なものはすべて揃っていることになります。

ステップ 2. エラーの原因と影響を説明する

リンクと更新されたステータス情報を含むテンプレートのカスタマイズができたので、既知のエラーについて詳しく説明できます。まず、テンプレートを使用するチーム メンバーが、エラーの内容をすばやく把握できるように、概要を追加します。次に、エラーの原因、エラーの検出方法、サービスとユーザーに与えた影響についての詳細な情報を提供します。ITSM チームがエラーを再現できるように、十分な情報を含めてください。

ステップ 2. エラーの原因と影響を説明する

ステップ 3. エラーの管理方法を説明する

これまで ITSM がどのように応答したかを説明し、既知のエラーに関する情報を追加します。エラーが未解決でもチームが作業を続行するために、使用する回避策を説明することから始めます。次に、エラーを恒久的に修正する進行中の解決策を詳しく説明します。


Jira Service Management empowers teams with everything they need to get started fast. Check out capabilities for ITSM practices like request, incident, problem, change, and configuration management.

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • Design your ideal workweek template

    アトラシアン

    理想的なワークウィークをデザインする

    タスクを完了するためのステップ バイ ステップガイドを用意します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。