Close

毎年恒例のユーザー カンファレンスである Team '22 の基調講演、人気の高いセッション、詳細な製品デモをご覧ください。詳細はこちら。

カテゴリー

ITSM 変更管理テンプレート

著者: Jira Service Management

変更リクエストと実装計画の管理と追跡

テンプレートを使用する
ITSM 変更管理テンプレート

管理ガイドラインと手順により、IT チームは運用上の変更を行う前にリスクを適切に評価できます。ITSM 変更管理テンプレートを使用して、変更管理プランを記述し追跡を行います。変更管理プロセス全体でテンプレートを更新して、IT チームと関係者の同期を維持します。

ITSM 変更管理 テンプレートの使用方法

ステップ 1. 変更リクエスト情報を整理する

まず、変更のおおまかな概要の提供から開始します。これにより、変更が実施された理由とシステムへの影響がチーム メンバーに説明されます。リクエストの説明が完了したら、リクエストに関連するチケットを追加してレビュー担当者と関係者に @ メンションすることで、テンプレートをカスタマイズします。

ステップ 1. 変更リクエスト情報を整理する

ステップ 2. 変更管理プランを説明する

背景情報の追加を終えたので、変更管理のアプローチについて詳しく説明します。まず、すべての変更計画をして // と入力し、各プランに実装予定日を追加します。次に、各変更計画を実装するためにチームが取る必要がある個々の手順を記述します。各プランがシステムのパフォーマンスまたはユーザー サービスに与える影響についての詳細を、必ず含めてください。

ステップ 3. 実装後のレビューを行う

変更計画の手順が完了したら、テンプレートを使用して、変更リクエストがどの程度正常に実装されたかを評価します。まず、導入後のレビュー日や参加者などの背景情報を追加します。次に、レビュー中に参加者が評価する必要がある基準を記述します。変更リクエストを確認するときは、テンプレートを使用して学習した教訓を記録し、フォロー アイテムを追跡します。

ステップ 3. 実装後のレビューを行う

Jira Service Management empowers teams with everything they need to get started fast. Check out capabilities for ITSM practices like request, incident, problem, change, and configuration management.

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • Design your ideal workweek template

    アトラシアン

    理想的なワークウィークをデザインする

    タスクを完了するためのステップ バイ ステップガイドを用意します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。