Close

カテゴリー

実験計画と結果のテンプレート

著者: Optimizely

プロセスを合理化し、ビジネスを改善する

テンプレートを使用する
実験計画と結果のテンプレート

チームには、顧客について学び、ビジネスを前進させるために試したいアイデアが多くあります。これらの提案を集めるプロセスが必要です。業界をリードするテスト プラットフォーム、Optimizely は、チームがテスト アイデア (および関連情報) の提出に使用できる、非常に便利なテンプレートを作成しました。このテンプレートはテストに関する唯一の情報源となり、学習を進め将来のテストの作成に使用できる、過去のテスト データ カタログを保持します。

実験計画と結果 テンプレートの使用方法

ステップ 1. 基本情報を記入する

テンプレートの最上部の表には、実験の名前、実験の所有者、レビュアー、承認者、ステータスなどの基本情報を要約するスペースがあります。参加者に通知が届くようにチーム メンバーを @ メンションし、簡単に参照できるように Optimizely リンクを含めてください。

ステップ 1. 基本情報を記入する

ステップ 2. 実験の計画を設定する

学校での科学実験について記憶があるならば、実際の実験の前にかなりの数のステップがあることをご存じでしょう。テンプレートの実験計画セクションを使用して、成功に向けた基礎を作ります。このセクションで、実験の概要を説明し、仮説を構築し、指標と目標を定義し、バリエーションを確立し、参照する必要のあるベースライン データやメモを記録します。すぐにテストに取りかかりたいかもしれませんが、計画に時間をかけることで、多くのことを学べます。

ステップ 3. 結果をまとめる

テストを実行し、結果が出たら、テンプレートの結果セクションに記録します。テストの開始日と終了日、Optimizely の結果へのリンク、監視した指標に関する短い概要を記入します。必ず明確な結論 (「結論が出なかった」、「仮説が証明された」など) を割り当ててください。そうすれば全員が、詳細をすべて読む必要なく、一目でテストの結果を理解できます。

ステップ 3. 結果をまとめる

ステップ 4. 結論を導き出す

結果が出たら終わりではありません。すべての実験 (仮説が正しかったかどうかにかかわらず) から学ぶことが重要なため、確かな結果を特定する必要があります。テンプレートの結論セクションで、簡単に参照できるように主な目標とその他の指標を強調表示します。次に、重要な成果、質問、見解を書き留め、チームが取るべき次のステップをまとめます。これは、学習の範囲を超えて、実際に調査結果を使用してビジネスを改善することを意味します。


Optimizely は世界トップクラスの実験プラットフォームとして、企業の継続的なテストの実行、ウェブサイトやモバイルアプリほかネットワークに接続したデバイスにわたるカスタマイズを実現しています。

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。

  • DevOps change management template

    アトラシアン

    DevOps 変更管理

    このテンプレートを使用して変更管理パフォーマンスを評価し、リスクを軽減します。