今を生き抜くプロマネ必見!短期間・高品質を実現するソフトウェア開発アプローチとは

現代のビジネス環境では、部門間を超えた円滑かつ柔軟なコミュニケーションを基盤とするDevOpsの導入が必須となっていますが、DevOpsが求められる背景や本質的なDevOpsへのアプローチが明確ではないのが現状です。そこで、FortuneTop100の8割以上の企業を顧客とするアトラシアンの考えるDevOpsについてご紹介します。(本Webセミナーは2019年1月に開催いたしました。情報は当時のものとなっておりますのであらかじめご了承いただけますようお願いいたします。)

素早く、アジャイルな変化への対応が求められる現代のビジネス環境において、必須となってきている“DevOps”。言葉は聞いたことがあっても、実際にどのようなものかわからないという方も多いのではないでしょうか?

このWebセミナーでは、アトラシアンのソリューションエンジニアが、

  • アトラシアン企業や文化について
  • 問題提起:Software is eating the world.
  • アトラシアンの考えるDevOpsとは(文化も含めて)
  • アトラシアン製品とDemo

を紹介します。

(本Webセミナーは2019年1月に開催いたしました。情報は当時のものとなっておりますのであらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

Spreker

皆川宜宏

アトラシアン株式会社 ソリューションエンジニア

アトラシアン株式会社でソリューションエンジニアを務めています。 タイのNPOでキャリアを開始し、ソフトウェア開発者に転向しました。10年以上、ソフトウェアやITの分野で様々な経験を積みながら「良いチームの構築」に奮闘した後、昨年アトラシアンとその「Open」な文化に出会いました。日本におけるITチームのより良い働き方実現に貢献することに情熱を注ぐ一方、週末は二人の子供と野球したり一緒の時間を過ごすのを楽しんでいます。