Close

ブレーンストーミング: 定義、基本原則、手法

最高のアイデアを持ち寄る

コラボレーションしている人形

ブレーンストーミングとは何か

クリエイティブなアイデアを出す必要があるというのは、よくあるシナリオです。複雑な問題の解決策を見つけようとしているのかもしれませんし、チームの次の大きなプロジェクトを考えようとしているのかもしれません。

いずれにしても、イノベーションの力を高めて素晴らしい提案を多数出さなければとプレッシャーを感じています。

何をすればよいのでしょうか? クリエイティブな新しいアイデアが湧き出るように、ブレーンストーミング セッションを利用することをお勧めします。

効果的にブレーンストーミングを行う方法のすべてを細かく説明する前に、一歩下がってブレーンストーミングとは何かを定義しておくと役立ちます。Merriam-Webster では、ブレーンストーミングとは「1 人以上の人が問題の解決策を考案するまたは見つけるために、アイデアを慎重に検討すること」と規定されています。

よくご存じでしょう。自分 1 人でもブレーンストーミングできますが、多くの場合は複数人のグループで自由にアイデアを共有したり、他の人のアイデアを基に膨らませたりするために使用される手法です。

ブレーンストーミングは現在ビジネスの場で広く使用されていますが (ブレーンストーミング セッションに何度も参加したことがある方も多いでしょう)、重要な歴史的ルーツがあります。

ブレーンストーミングは、1948 年に広告代理店の役員である Alex F. Osborn がその著書「創造力を生かせ」で初めて紹介しました。広告代理店のオーナーである彼は、従業員からより優れたアイデアを引き出す方法を「thinking up (発想法)」とも呼んで模索していました。彼はこの目的を念頭に置いて、ブレーンストーミングの原則と特徴を確立しました。これらについては後で詳しく説明します。

これ以降ブレーンストーミングは勢いを増して、ビジネスの場でさまざまな問題に対するクリエイティブな解決策を出すために使用される一般的な手法となりました。

ブレーンストーミングの重要性

批判や潜在的な落とし穴がないわけではありませんが、この手法が現在のビジネスの場でこれほど広く使用されるようになったのには理由があります。効果的であって数多くのメリットにつながるからです。

チームがブレーンストーミングを利用することで得られる多くの利点のほんの一部を、次にご紹介します。

芽吹いている植物

ブレーンストーミングは、よりクリエイティブな思考を促進する。

最初の利点は明白です。ブレーンストーミングでは個人やチームがよりクリエイティブかつ制限を設けずに考える必要があり、これがより優れたアイデアや提案につながります。たとえば、Amazon Echo のアイデアはブレーンストーミング戦略から生まれたと言われていることをご存じでしたか?

ブレーンストーミングはグループで行われることが多いため、個人的な先入観から離れて他人の視点や提案を表立って批判することなく検討するように強いられます。

さらに生産的なブレーンストーミング セッションでは、他人のアイデアを検討するだけでなく、そのアイデアを基に膨らませるように求められます。これがさらに優れた最終成果を生みます。

ブレーンストーミングは、チームワークを向上させてグループの結束を高める。

このような共同作業は優れたアイデアを生み出すことに留まらず、実際にチームワークのレベルも高めます。このことを裏付ける数多くの研究結果があります。

「アイデアの数と他人のアイデアを基に膨らませることの両方を重視しているグループは、結束が大幅に強まります」と、北イリノイ大学の教授および研究者でありブレーンストーミングの研究を共同で行った David Henningsen は述べています

「ブレーンストーミングは、チームが行動計画を受け入れて実施するようにするためにも、単純に結束を強めるためにも使用できます。この場合、従業員の離職率を低下させてコミットメントを高めることにつながります」

ブレーンストーミングは、全員に意見を発表する機会を与える。

研究により、プロフェッショナルの半数以上が、相手が同僚であれ上司であれ、職場では自分の考えを述べないことが分かっています。これはブレーンストーミングのもう 1 つの利点です。全員が創造と意思決定のプロセスに関与する機会が確保されます。

適切に構成されたブレーンストーミング セッションは、普段は自分のアイデアを発表することのない内向的なチーム メンバーにも発言の場を与えます。

ブレーンストーミングのツールと議論の進め方は、参加している全員がオープンな考え方で話し合いに望んだ際は特に効果的です。Atlassian がオープンさをどのように実現しているかを知り、オープンな働き方とはどういうことかを学んでください。

ブレーンストーミングの方法: 種類、基本原則、手法

リストが記されたクリップボード

ブレーンストーミングは適切に実施すれば、多くの利益が得られます。ここで、適切に実施するとは具体的にどうすればよいのか、という疑問が生まれます。

ブレーンストーミング セッションを成功させるには、ちょっとした戦略があります。チームの全員から最高のアイデアを引き出すために必要な情報を次に示します。

ブレーンストーミングの基本原則

ブレーンストーミングが成功するように自分自身とそのチームを方向付ける最適な方法の 1 つが、セッション中に許可されることとされないことに関する基本原則を定めることです。幸いにも Osborn が最初にこの構想を考え出したときに、大半を決めてくれました。彼は自分の広告代理店でブレーンストーミングを導入した際、次のような主要原則を定めました。

ルール 1: セッション中にできるだけ多くのアイデアを出す。

多くの人にとっては直感に反するように思えますが、ブレーンストーミングで重要なのは質ではなく量です。できるだけ多くのアイデアを出すことに重点を置くことで、人々は普段なら関連性がないか法外であるとして却下するようなアイデアも進んで発表するようになります。

ルール 2: アイデアを批判してはならない。

これは批判厳禁の原則とも言います (Atlassian のオープンな考え方の主要概念でもあります)。ブレーンストーミングの目的は、その場でアイデアを批判することではありません。単にアイデアを出すことが目的です。その場でフィードバックされないことで、失敗や却下を恐れずに、よりオープンにアイデアを発表できるようになります。

ルール 3: 粗削りで大胆なアイデアを歓迎する。

ブレーンストーミング セッション中、参加者には大胆に考えてもらう必要があります。それこそがこの原則 (「自由奔放」とも言います) が存在する理由です。既存の枠に囚われずに考えることを単に許容されるだけでなく推奨されると参加者が知っているため、よりクリエイティブな考えが促進されます。

ルール 4: 他の人のアイデアを基に膨らませることを推奨する。

最後に「便乗」という概念があります。批判は許可されませんが、ブレーンストーミングの参加者が他者の提案を基に膨らませることは歓迎されます。こうすることでよりコラボレーティブな雰囲気が生まれて、良いアイデアがさらに多くのアイデアを引き寄せます。

これらの基本原則は開始地点として役立ちますが、他にもブレーンストーミング セッションを組み立てる際に留意すべきヒントがいくつかあります。

最初に、多様な参加者が集まるように誰を話し合いに含めるのかを慎重に考えます。研究で一貫して示されているのは、多様性が創造性とイノベーションを推進するため、意見の異なる人々を含めることで多様な (そして最終的により優れた) アイデアが得られる可能性が高まるということです。

屋外のピクニック テーブルや近所のお気に入りのカフェなど、違う場所でブレーンストーミング セッションを開催することもお勧めします。基本的に、いつものパターンを破ってオフィスの会議室から抜け出します。

このレベルの新規性が脳の神経可塑性を高めて、新しい方法で物事を考える能力を活性化させます。つまり景色を変えることで、より大きくより優れたアイデアが生まれるようになります。それに、オフィスから離れる時間も必要ですよね。

ブレーンストーミングの手法

ブレーンストーミング セッションのスケジュールが決まり、準備も整いました。次はどうしますか? チームは皆、ただ戸惑って互いを見つめるばかりです。会話を促すには、どうすればよいでしょうか?

チームが会話を始めてブレーンストーミングの議論をより生産的にするために使用できる多種多様な戦術のうち、ごく一部を次に示します。

  • ブレーンライティング: この手法では、チーム メンバーは互いにアイデアを言い合うのではなく、個々にアイデアを書き留めることでアイデアを共有します。チームに内向的なメンバーが複数人いることが分かっている場合は、この手法が特に役立ちます。
  • 失敗談から始める: 失敗談から会話を始めると、全員がすぐに他人を受け入れやすくオープンな心理状態になるため、アイデアをより一層進んで発表するようになります。
  • アイデアを寝かせる時間を取る: 議論が盛り上がっていても、すぐにはアイデアを行動に移さないことをお勧めします。研究によると、短い休憩でも、その提案をさらに強化する時間が得られることが分かっています。
  • 共感ストーミング: この戦術では、他人の気持ちになり、他の人ならこの状況にどのように対応するかを考えます。こうすると、自分自身の先入観や感じ方から離れて考えるようになるため効果的です。

創造性の筋肉をほぐす

ブレーンストーミングは強力なツールですが、チームを部屋に集めて意味がないと思われるものも含めてあらゆる意見を発表するように求めるだけでは不十分です。自分の戦略を決めるための基本的な理解が必要です。

ですから、次にビジネスのアイデアをブレーンストーミングする方法を考える際には、まずこの概要を見直してください。ここに記載されている内容を利用すれば、ブレーンストーミング セッションを成功させるための基盤を築いて、確実にチームから最高のアイデアを引き出せるようになります。

以下も参照してください

破壊的ブレーンストーミングのプレイ

1 回のブレーンストーミング セッションで、多くの優れたアイデアを出せます。

プロジェクト計画テンプレート

次のプロジェクトに向けたマイルストーンの定義、スコープ、計画を設定しましょう

次の記事
Project management