Close

共同リーダーシップの驚くべき利点

知恵を集めることの効果

トピック一覧
紙飛行機の上の人形

共同リーダーシップとは何でしょうか? それは、チームやグループを 2 人以上で管理することです。チームの目標の所有権を共有しますが、役割と責任は分担します。

Wilbur と Orville Wright は協力して、最初に成功した飛行機を発明しました。Trey Parker と Matt Stone はクリエイティブな才能を使って、風刺アニメ シリーズであるサウス パークを生み出しました。これは、アメリカで最も長く続いているテレビ番組の 1 つです。ベン & ジェリーズ アイスクリームの創設者である Ben Cohen と Jerry Greenfield は、5 ドルのアイス クリーム講座を一緒に受講することから始めました。

リーダーシップについて考えるとき、1 人が指揮すると考えるのは簡単です。しかし、上記の例が証明するように、2 人が指揮を執って成功した例はたくさんあります。

それが共同リーダーシップの実践です。そして、それは権威に関するあなたの従来の考え方に反しているように思われるかもしれませんが、このようなパートナーシップは本当に効果的です。Group Dynamics で発表されたある研究では、共有型リーダーシップはチームの有効性の有用な予測因子であることが分かりました。

共同リーダーシップとは

共同リーダーシップとは、1 人のリーダーではなく、2 人以上の人が企業やプロジェクトに対する権力と影響力を等しく共有することを意味します。

ホールフーズ、オラクル、Atlassian など、共同リーダーシップ モデルを使用して事業全体を運営している、成功した企業はたくさんあります。

しかし、共同リーダーシップは企業の管理のより広いコンテキストに存在する一方で、その知恵とベスト プラクティスをプロジェクト管理にも適用できます。これは、責任を分担して、特定のプロジェクトやイニシアチブの結果に対して所有権を共有することを意味します。

誰でもプロジェクトを共同リードできます。成功するために、正式な権限のある地位は不要です。

たとえばマーケティング チームの個々の貢献者は、Web サイトの再設計を主導するために、エンジニアリング チームのメンバーと協力できます。プロジェクトを共同リードするために、いずれかがチーム マネージャーである必要はありません。

共同リーダーシップの利点とは

リーダーであることには、責任を負うことに対する尊敬と悪評を得るという特典があります。では、なぜその栄誉を進んで分け与えようとする人がいるのでしょうか?

実は、共同リーダーシップには実際に多くの利点があります。たとえば次のようなものです。

1. よりスマートな解決策

共同リーダーが提供するさまざまな補完的なスキル セットにより、質の高い結果が得られます。

Web サイトの再設計の例に戻りましょう。マーケティング マネージャーがエンジニアリングと協力していないとします。マーケティング チームは技術的に実現できない、あまりにも創造的でエキサイティングなことを思いついたかもしれません。その一方で、エンジニアリングが新しい Web サイトのリリースを担当した場合、動作は高速で滑らかでも、製品や会社の価値提案を表していないかもしれません。一緒に主導することによってのみ、2 つのグループは問題の正しい解決策を考案できます。

2. より速い進捗

リーダーシップには多くの仕事があり、圧倒されたように感じる可能性があります。デロイトの調査によると、回答者の 57% は、困難なスケジュールを管理するリーダーに対する組織の支援は「弱い」と答えています。

仕事を終わらせるために、単に人数が必要な場合があります。共同リーダーシップとは、プロジェクト リーダーが責任を分担して、個人的なストレスを軽減できることを意味します。さらに、リーダーを 2 人配置することで、他のチーム メンバーは指針や指示を確認できる窓口が増えるため、ボトルネックが回避されます。

3. より適切な意思決定

リーダーを 1 人配置した場合、そのリーダーの好みや経験が、実施される作業に影響を与える傾向があります。しかし、共同リーダーが異なる視点を持っている場合は、どのルートを選択するかについて生産的な会話を行う必要があります。

共同リーダーは複数の選択肢と視点を探求して、より強力な意思決定につながる前進するための最善の方法を見つけなければなりません。

4. コラボレーション文化

コラボレーションには語り尽くせないほどの価値がありますが、常に 1 人で何もかも仕切っている場合はそれほど多くのことは抱えられません。

リーダーシップの能力において 2 人が協力することにより、責任と所有権をうまく共有する方法についてチームの残りのメンバーへの良い手本となります。

共同リーダーシップの課題とは

共同リーダーシップは、適切に機能すると数多くの利点をもたらします。しかし次のような理由から、誰もが他者と共同で主導することに成功するわけではありません。

1. さまざまなスキル セット

共同リーダーによってさまざまなスキル セットが提供されるのは良いことです。同時に、特にコミュニケーションに関しては、いくつかの課題が発生する場合があります。

すべての職業には独自の専門用語があり、それぞれの使い手の間でのコミュニケーションの断絶の原因となる可能性があります。各リーダーは、プロジェクトが混乱したり軌道から外れたりしないように、専門知識が効果的に伝達されていることを確認する時間を確保する必要があります。

2. 混乱の増大

責任者が 2 人いると、チーム メンバーは困り事や問題について誰に尋ねればよいか分からない場合があります。たとえば、プロジェクトの目標の 1 つについて疑問がある場合、リーダー A またはリーダー B のどちらに質問すべきですか? それとも両方ですか?

2 つの窓口があるのは良いことですが、誰が何を担当しているかを全員が明確に理解している場合に限ります。

3. より遅い決定

共同リーダーは、一緒に決定を下す必要があります。より多くの情報に基づいた選択につながる可能性がありますが、常に最速のプロセスであるとは限りません。

最終決定前に両方のリーダーが同意する必要があるときは、健全な議論と会話が必要です。これには時間がかかります。

4. 意見の不一致の可能性

共同リーダーが非常に強固な関係を築いていたとしても、意見の不一致は避けられません。プロジェクトの最良の方向性について、必ずしも意見が一致するとは限りません。

どちらも意見を変えずに妥協しない場合は、プロジェクトに対する憤りや進捗の停滞など、多くの問題が発生します。

適切に共同リードする方法 (楽しみながら)

幸いなことに、難題にもかかわらず、成功のために共同リーダーシップの経験を設定できます。ここでの重要なポイントは、ビジョンの共有、明確な役割と責任、円滑なコミュニケーションです。

1. 連携して目標を設定する

両方が、プロジェクトのゴールを目指して一緒に進むだけではありません。最初にゴールを設定するために、コラボレーションする必要もあります。プロジェクトの目標は何ですか? どのようなことを成功と見なしますか?

それは、どちらか 1 人だけで決めることではありません。プロジェクトの目標を設定するために協力していることを確認してください (この OKR テンプレートが役立ちます)。Confluence などのコンテンツ コラボレーション ツールを使用すると、目標について詳細に議論してフィードバックを提供し、チームと共有する最終バージョンを決定することが簡単にできます。

2. オープンに知識を共有する

誰もが知識を職場における通貨のように見なしがちです。従業員の 60% が、同僚に仕事に不可欠な情報を共有させるのに苦労したことがあるという報告があります。

私たちは、他人より知識があることは職の安定を高めることを意味すると考えがちです。しかし、専門知識を出し惜しみすることは、共同リーダーとしてやってはいけないことです。関係をうまく構築するには、情報をオープンに共有してチームメイトと常に最新情報を共有する必要があります。

プロジェクトに関連するすべてのドキュメントと計画を共有する、一元的な場所を作成します。Confluence ではチーム「スペース」と呼ばれています。ここでプロジェクト関連のコンテンツをすべて作成すると、(共同リーダーから他のチーム メンバーまで) 全員が、必要とするプロジェクトの詳細を完全に把握できます。また Confluence では、ページ上のユーザーにタグを付けたり、アクション項目を割り当てたり、ミーティング議事録を記録したり、決定事項を文書化したりできるため、誰もが必要な情報を入手できます。

3. 役割と責任を明確にする

プロジェクトの開始時に、あなたと共同リーダーは指定された役割と責任を明確に定義する必要があります。それぞれが担当するタスクは何ですか? どのような質問に答えますか? 予期しない事態が発生したとき、誰がそれに対応するかをどのように決定しますか?

このプロセスをさらに簡単にするには、この役割と責任のプレイを実行して、予想されることを明確にします。それぞれの責任が明確になったら、チーム メンバーと共有して、それぞれが担当することをチーム メンバーが理解できるようにしてください。

4. 成功と失敗について話し合う

有能なリーダーが 2 人配置されていても、プロジェクトには予期せぬ問題が発生します。問題が発生すると、このような失敗は隠したくなるものです (自分に落ち度があったと感じている場合はなおさらです)。

ここで、正直であることの大切さを思い出してください。共同リーダーはプロジェクトの成功だけでなく、失敗や障害についてもオープンになる必要があります。これにより、お互いが支え合って再起する最適な方法を見つける機会が得られます。毎週のチーム ミーティングの一環として、または定期的なチームやプロジェクトの振り返りにおいて、成功と失敗について話し合えます。

優れたリーダーシップ (これがパートナーと行われるかどうかにかかわらず) には、弱さをさらけ出すことや謙虚さが大いに必要です。

5. 変更やフィードバックに対してオープンである

共同リーダーシップは、プロジェクトを主導している 2 人だけの問題ではありません。そのダイナミクスは、他のチーム メンバー、さらにはクライアントや顧客にも伝わっていきます。

これらの人々は、どうすればこの体制がより円滑に機能するかを巡って、共有するべき建設的な反論があるかもしれません。チーム メンバーは、あなたの責任についてより詳しい説明を必要としているかもしれません。あるいは、チーム メンバーはあなたと共同リーダーから矛盾するアドバイスを受けているかもしれません。

こうしたフィードバックに直面したときに、気分を害さないようにしてください。フィードバックは改善を助けるために存在します。その意見を吸収して、あなたと共同リーダーがその意見にどのように適切に対処できるかを確認してください。

共同リーダーになるために必要なソフト スキル

技術的なスキルとは異なり、ソフト スキルは人格や性格です。それらはいささか漠然としているため定量化するのは困難ですが、リーダーシップ関係を成功させるには重要です。共同リーダーには次のことが必要です。

  • 信頼: 共同リードを効果的に遂行するには、お互いを信頼する必要があります。研究によると、不信感はプロジェクトの成功を妨げて、最終的には「不安や懸念の感情によって、人々は不安定になり、行動を監視することや他の人の真意を理解しようとすることにエネルギーを費やす」ようになります。
  • オープン性: 共同リーダーシップとは、1 人がすべての決定を下すわけではないということを意味します。共同リーダーは物事を成し遂げるために、他の意見や方法に対してオープンな姿勢を保つ必要があります。「私のやり方は正しい」という姿勢は、対立を引き起こすだけです。
  • 正直さ: 10 万人を超える人を対象にしたある調査によると、概して正直さが最も価値のあるリーダーシップの資質でした。共同リーダーは、課題、成功、アップデートについて互いに透明性を保つ必要があるだけでなく、プロジェクト チームの残りのメンバーに対しても正直である必要があります。
  • コラボレーション: 2 人で指揮すると考えると、間違いなく互いに効果的にコラボレーションできる必要があることは明らかです。つまり、責任を共有して共同で意思決定し、通常は激しい対立なく円滑に連携できる必要があります。
  • コミュニケーション: コラボレーションと密接な関係があります。前述したように、多少の意見の不一致は避けられませんが、強力なコミュニケーション スキルとは、共同リーダーが罵り合ったり感情を害したりすることなく、プロフェッショナルに自分の考えを表現できることを意味します。
  • 説明責任: 共同リーダーシップによって負荷が分割されると同時に、リーダーが責任転嫁する余地ももたらされます。誰かと一緒に指揮していると、物事が脱線したときに他の人のせいにしがちです。共同リーダーシップが機能するには、説明責任から逃れないことが必要になります。調査によると残念ながら、これは多くのリーダーに欠けているスキルです。

もちろん、共同リーダーがうまく機能することに役立つソフト スキルは、他にもたくさんあります。また、こうした資質は感覚的だとか流行語の類として安易に軽視されがちですが、実際に重要な役割を果たします。雇用主の 93% は、ソフト スキルは採用決定において不可欠または非常に重要な要素であると答えています。

共同リーダーシップの最大限の活用 (および不要な対立の回避)

いくつかの素晴らしい発明 (飛行機や革新的なアイス クリームのフレーバー) がパートナーシップから生まれたという事実によって証明されるように、共同リーダーシップによって多くの潜在的な利点が提供されます。

しかし正直に言うと、共同リーダーシップは必ずしも簡単な仕事ではありません。これらの指導的な責任を共有する必要があることで複雑さが増しますが、適切に共同リードすることは完全に可能であり、上記のアドバイスによって順調に開始できるでしょう。

共同リーダーシップは絶え間ない学びの実践であることに留意してください。プロセスにコミットし続けて、障害が発生した瞬間に湧き出る、この取り決めを投げ捨てたくなる衝動を抑えてください。結局のところそのような状況では、支援と励ましを得るために頼れる別のリーダーが存在することはメリットになります。

以下も参照してください

OKR テンプレート

この目標設定テンプレートを使用して、測定可能で高い目標に基づくマイルストーンを設定します。

推奨ツール
Confluence のロゴ

Confluence は、組織がビジョン、計画、目標を文書化して共有し、チームワークを統一するためのチームのワークスペースです。

Confluence でチームの働き方を
変革する方法をご覧ください。

次の記事
Project management