Close

従業員の意欲を向上させる方法

これらのベスト プラクティスで、絶対に失いたくない素晴らしい労働力を活用ください

トピック一覧
発表を行う人形

私たち皆がいた頃を考えてみてください。趣味、競争、あなたの家族、あるいは愛の時代だったでしょうか。あなたのコミットメントは与えられて、あなたの存在は疑いの余地がなく、そしてあなたの関心の的は自由にかなえられていました。しゃっくりが始まってもそれを振り払って、ウィーティーを食べました。そのスクラップブック、バスケットボールの決勝、遠距離恋愛は過ぎ去りし栄光の日々の一幕になりました。確かにあちこちに残念な瞬間はありましたが、それを厄介ものと呼ばずに対処していました。

従業員エンゲージメントとは

持続的で揺るぎない繋がりの感覚は、エンゲージメントの本質です。職場では、従業員エンゲージメントとは、従業員が組織とその目標に対して持っているコミットメントです。エンゲージメントは、すべてのものをまとめ、従業員の最高の力を引き出し、将来のビジネス チャンスを創り出す接着剤です。チーム メンバーの時間や労力が、お互いに、また組織で、自分の仕事に注がれる場合は、従業員エンゲージメントは強固になります。

意欲の高い従業員は、職務説明を「はるかに超えて」進むことがよくあります。彼らは新しいチーム メンバーを導いたり、特別な役割に志願したり、単に他のチーム メンバーの偉大なロール モデルになるように申し出る場合があります。意欲のある従業員の情熱、コミットメント、生産性は、より効率的で成功する組織を作ります。

従業員エンゲージメントではないもの

従業員エンゲージメントと従業員の満足度は、しばしば混同されます。満足している従業員は、自分の役割に満足しますが、それにコミットされていません。満足している従業員は (給与が予定どおりに支払われる限り) 現状に完全に満足しているかもしれませんが、意欲のある従業員は成長して向上する機会を見つけたいと考えています。

仕事に完全に没入している従業員は、会社の目標と目的に熱心で興奮しています。自分の仕事に完全に没入して、新しいアイデアを携えて次のレベルに到達する形でそのコミットメントを示しています。

「エンゲージメントはすべてを結びつけて、従業員の最高の力を引き出し、将来のチャンスを創り出します」

従業員エンゲージメントのメリット

従業員エンゲージメントは満足度と深い関係がありますが、それを凌駕するものです。従業員は、仲間の一員と感じられ、投資され、認められ、違いを生むことができると感じるときに本領を発揮します。

明るいニュースをご紹介しましょう。2000 年以降、従業員は、今までの中で今が一番意欲があります。米国では、34% の労働者がやる気がある従事者で、「意欲を持とうとしない」労働者は 13% に過ぎず、Gallup が報告した中では過去最も低い割合です。このエンゲージメントは、ビジネスとその顧客にとって有形無形の成功に繋がります。

モチベーションの高い労働者

モチベーションの高い従業員は、とっておきのエネルギーを発揮して会社のために全力で立ち向かおうとします。その重要なプロジェクトや締め切りに向け彼らが必要な場合、彼らはすぐにでも取り組みたいと考えています。

より高い忠誠心

自分の仕事と会社を愛する従業員はその場に留まって、仕事に対してより能力の高い他の労働者を推薦する可能性が高くなります。

顧客へより優れたサービスを提供する

良い感情は人から人へ伝播します。意欲の高い従業員はそのエネルギーを顧客と共に発散させて、110% 出し切ります。集中力が高くミスが少ない彼らは、通常まずはきっちり仕事を成し遂げます。投入できるあらゆる労働力を使って、クライアントを維持しながら会社を最高の人材を雇う場所として示します。

従業員エンゲージメントの要素を細分化する

Gallup は、全従業員の 53% がやる気がないと報告しています。彼らは自分の役割と給与には満足しているかもしれませんが、彼らは会社に留まり、全力を尽くし、会社が次のレベルに到達するのを助けるつもりだと言う意思はありません。

「ヒューストン、トラブルだ」

本当に没頭できる作業環境を開発して維持できます。従業員が日々最善を尽くすためには、トップからのコミットメントが必要です。従業員の意欲を向上させるのは仕事ですが、努力する価値はあります。

パズルのピースをつなげる

以下に、従業員エンゲージメントの要素を書き出して、それを成功させている一部企業の舞台裏をご紹介します。

透明性

透明性は信用を生み出します。信用は信頼性を築きます。信頼性は成功を可能にします。

透明性とは、すべての人のニーズと期待をより深く理解させようとする中で、良いこと、悪いこと、嫌なことをつまびらかにすることを意味します。透明性により、オープンな対話と情報の自由な流れが促進され、チームのパフォーマンスが向上します。リーダーは最初から話し合いの方向性を定める必要があり、会社が成長するにつれて、文化の主力モデルになります。

Atlassian では透明性を重んじています。透明性は、互いに、顧客と、またパートナーとの連携手段の基礎です。たとえば、当社のエンジニアはテーマや余分なトレーニングを介さずに顧客と直接連絡しているため、顧客が直面した課題についてすべて把握してより的確に対処できます。当社では私たちの価値の実践を、目覚ましい成果を上げる彼らに委任しています。

コミュニケーション

職場のコミュニケーションの向上は、従業員エンゲージメントに大きな影響を与える可能性があります。極めて熱心なチームは、頻繁に話し合って情報を共有し、フィードバックを求めて理解度を確認し、互いの声に耳を傾けます。

Virgin Group は、従業員中心の企業文化の優れた例です。創業者の Richard Branson は、世界各国の Virgin のオフィスを訪れた際にオフィス内のすべての人に挨拶しようとしたことで知られていました。彼は個人々々に書かれたメモを送って、特別なプロジェクトに取り組んだことを感謝するために従業員に電話をかけます。Virgin のリーダーは一貫して、オープンなコミュニケーションの時間を作ってフィードバックを収集し、そのフィードバックに基づいて会社を改善しています。

認識

同僚間の認識は、従来のレビュー プロセス以外で良い仕事を賞賛する素晴らしい方法です。チーム メンバーは、監督者よりもお互いに多くの時間を費やすことが多いので、強み、成果、成長分野を特定するための最善の立場にあります。この種のインサイトを年次レビュー (そしていつでも常時フィードバック) に組み込むことで、積極的な強化と継続的な開発の環境を作り出せます。

たとえば Duke Energy では、360 度フィードバックを採用しています。このフィードバックでは、あらゆるレベルの従業員が同僚に関するアンケートを実施することを奨励しています。こうすることで、各従業員はチームにおける自分の作業状況や成長のための計画に含めるべきものについて明確に把握できます。

ソーシャル ツール

職場でのソーシャル プラットフォームは、従業員を結びつけて会話のためのスペースを設けます。天気、現在のプロジェクト、コミュニティ イベントのすべてに最適です。ソーシャル ツールを使用すると、従業員は部門や場所を越えて繋がって、組織との絆を強化できます。

Nokia は社内コミュニケーションにブログを統合することで、コミュニティ感覚を醸成しました。すべてのレベルの従業員は会話を始めて、他の部門が認識していないかもしれない自分たちが直面している課題にスポットを当てられます。他のチームはその課題についてコメントしてソリューションをブレーンストーミングすることで、結束を築けます。

教育とネットワーキング

職場のランチを用意したり、業界の会議や博覧会に従業員を派遣したり、その他に従業員が互いに話し合う機会を設けたりします。会社が従業員とその進歩に投資して従業員が繋がるほど、従業員のやる気が出てくる可能性が高まります。

Atlassian は、従業員が業界のリーダーから学んで自分の仕事を世界と共有できるイベントと会議を、定期的に開催しています。Atlassian はユーザー グループも提供しており、Atlassian のユーザーはヒントとベスト プラクティス、パートナー イベントを共有できます。幅広い教育とネットワークの機会によって、従業員は新しいスキルを習得して活用する機会を得られます。

従業員エンゲージメントのベスト プラクティス

芽吹いている植物

従業員が魔法のように恋に落ちて組織にコミットさせるような従業員エンゲージメント キャンペーン、そんなものは存在しません。「これだけ」ボタンや「簡単」ボタンもありません。この変更を実現する唯一の方法は、企業文化と従業員のエクスペリエンスを再構築することです。

それは簡単なタスクではありません。始めるにあたり実行できる手順をいくつか紹介します。

オープン主義を実践

従業員にやる気を出させたいならば、何を差し置いても透明性が必ず必要になります。チーム内や会社全体に情報への平等なアクセスを付与することから始めます。既定ではアクセスは [オープン] に設定されていますが、秘密にしておく必要がある情報について自由に選択できます。

従業員の繋がりを促す

リーダーは答えを持っているかもしれませんが、同僚がさらに良い答えを持っている可能性もあります。チームに状況分析やブレーンストーミングのために話し合うか、次のオフサイトを調整してもらいます。こうして、チームは協力して作業を遂行しながら、堅固な労働関係を築きます。

負荷を軽くする

ほとんどの労働者は自分が高いストレスにさらされていると評価しているため、仕事と生活で求めるものの帳尻を合わせる必要があります。仕事をできるだけ健全に保つことで、負担を軽減します。プロセスを合理化し、不要なミーティングをキャンセルし、締め切りにゆとりを持たせるためにプロジェクトを慎重に計画し、あらゆるレベルで意思決定を下せるようにします。

「本当に没頭できる作業環境を開発して維持できます」

「最高の上司」のマグを獲得する

ある Gallup の調査では、従業員の 50% が新しい上司を見つけるために離職していることが判明しました。この調査では、マネージャーがオープンで親しみやすいほど、従業員のエンゲージメントが高まることが明らかになりました。また、パフォーマンス目標を設定して従業員の強みを強調する管理者にも、同様の結果が見られました。では、それは何を示しているのでしょうか? エンゲージメントは、金、地位、権力ではなく、むしろ企業とそのリーダーが提供する感情を流通させる通貨のことです。

Atlassian のリーダーは、このトピックを数えきれないほど探求してきました。私たちが所有している 8 つのトピックが従業員に意欲を持たせるための秘訣を共有する一方で、このトピックはサーバント リーダーシップの概念を探求するものです。今すぐできることについては、これらチームで信頼を築くための 17 のヒントを確認してください。

安全なスペースを設ける

住んでいる場所や仕事の場所に関係なく、協力して仕事をする、または単に連絡を取り合うためのフォーラムを従業員に提供します。社内のオンライン コラボレーション スペースを設けて、従業員にグループを作成して参加するように促します。どんな意見も同様に歓迎するという雰囲気にしてください。従業員が同僚やリーダーと安全かつ建設的に対話する手段を持っていると、エンゲージメントのレベルが上がります。

ウェルネスに優先順位を付ける

特に勤務時間中に、自分を大切にするように従業員に思い出させることで従業員のために尽くします。仕事と生活の統合を促してスケジュールに柔軟性を持たせ、オフィス外で仕事できるようにします。健康的で脳に良い食べ物をキッチンにストックして、ランチタイムにヨガや瞑想を行います。天気の良い日には外でミーティングを開いて、募金活動や散歩など運動になるオフサイト イベントを提案しましょう。

ソーシャル コラボレーション プラットフォームを提供する

チームがより協力して作業できるように設計されたソーシャル ツールは、メモ、画像、ビデオ、タグ、その他の形式を使用して、楽しくインタラクティブな体験を実現します。個人の生産性は、プロジェクトへの同意と仕事や組織へのコミットメントを生み出します。

従業員エンゲージメントの次のステップは何でしょうか?

私たちの働き方、働く場所、そして従業員の成功に必要なものは、進化し続けています。したがって、従業員エンゲージメント自体もそうです。次にお話する内容の大部分は、ミレニアル世代とジェネレーション Z という現在の労働力の一員となる世代によって決まります。

ソーシャルがすべてであり、すべてはソーシャルである

企業は、米国人の 81% がソーシャル メディアを利用している状況では、ナレッジ、意見、アイデア、フィードバックの共有を促進するために、ソーシャル メディアの機能を社内に導入する合理性について認識しています。

技術ネイティブな考え方

ミレニアル世代とジェネレーション Z は、スマートフォンやソーシャル ネットワークに囲まれて育った労働力の一員であるため、職場のツールも同様に迅速かつユーザー フレンドリーであることを期待しています。彼らの期待に応えるべく、企業は最新のテクノロジーを彼らの仕事のやり方の本質に組み込むことを検討する必要があります。

意義を見出して働く

次世代のリーダーは、仕事が生活をより良く変えるかどうかに細心の注意を払っています。企業はビジョンとミッション ステートメントを開発して促進し、個人を超えたより広い範囲の利益の実現を目指す理由を確認することで、企業は準備を整えられます。ビジネスの慈善部門を設けることも大いに役立ちます。

仕事と生活の統合

より多くの組織が、生産性が最も高まる場所と時間で従業員が作業できる柔軟性と能力を実現するプログラムや機会を選択しています。リモート、外出中、デスク、ビーチなど、次世代の従業員はさまざまな働き方を求めているため、この選択は賢明な判断です。

どちらにもメリットがある

「理想の仕事」。意欲のある従業員は自分の仕事についてこう言います。彼らにとって、それは仕事の内容と場所に満足して、長期的に従事しようと考えていることを意味します。組織にとって、それは従業員がチームの一員であることを誇りに思える、素晴らしい職場を作り出したことを意味します。その誇りは、より賢いアイデア、高い定着率、満足する顧客、そして一層の会社の利益に繋がります。

ご紹介したいことはまだまだあります。作業合意プレイをご参照の上、エンゲージメントに溢れた文化の構築に着手してください。

以下も参照してください

成功事例
HubSpot のロゴ

HubSpot がソーシャル イントラネットを使用して全社的なナレッジ ベースを作成した方法

推奨ツール
Confluence のロゴ

Confluence は、チームが 1 つの場所でコンテンツを作成、共有、管理できるようにすることで、アイデアを共有し、新しいものを取り入れるイノベーションの文化を生み出します。

次の記事
Strategies