Close

アトラシアンと SAFe® による、チームのためのアジャイル拡張ホワイトペーパー

このフォームからサインアップすることにより、私はアトラシアンのプライバシーポリシーを受け取ったことを認めます。

このホワイトペーパーでは、Jira Software と Portfolio for Jira が SAFe® の手法をいかにサポートし、組織のあらゆるレベルのニーズを満たしているかについて説明します。

学ぶ


長期的なアジャイル計画のためのベストプラクティス

アジャイル拡張に関する課題

長期的なアジャイル計画のためのベストプラクティス

健全なアジャイルチームを奨励するベストプラクティス

Jira Software を使用した Portfolio for Jira のセットアップ方法

拡張アジャイルフレームワーク (SAFe®) の紹介

Portfolio でのプラン作成におけるポイント

SAFe® をサポートするツールの要件

著者


Dan Radigan

シニアアジャイルコーチ

20 年に及びソフトウェア開発をしてきた Dan は、プログラム管理、エンジニアリング、品質管理、マーケティングなど、幅広い仕事を経験しています。彼は現在、アトラシアンの TAM チームで、最大のお客様がアジャイルで成功を収める手助けをしています。チームがアジャイルを活かして成功するのを見るのが大好きで、多くの技術チームや非技術チームがアジャイルへ移行する利点を理解できるようサポートしています。以前、Dan は Netflix、Dell、Adobe のソフトウェア開発チームで働いていました。

Swati Jain

ビジネスプロセスソリューション担当副社長

Swati は、cPrime でビジネスプロセスソリューションデリバリーチームを管理しています。さまざまな業種の中規模、大規模企業の戦略計画、ソフトウェア製品管理、企業ポートフォリオ管理、ビジネスプロセスリエンジニアリング、ソリューションアーキテクチャを 12 年以上経験しています。10 年にわたり Atlassian Stack を経験している Swati は、SAFe ソリューションからビジネスサービスソリューションまで、数百ものアトラシアンインスタンスを構築しています。

Brandon Huff

アジャイルソフトウェアソリューション担当副社長

Brandon は、cPrime でアジャイルソフトウェアソリューションデリバリーチームを管理しています。Fortune 500 企業の大規模なアジャイルソフトウェア開発、インフラストラクチャ、プロセス開発プロジェクトの管理を 15 年経験しています。8 年にわたり Atlassian Stack を経験している Brandon は、数百ものアトラシアンインスタンスを構築し、最初のアトラシアンユニバーシティコースを開発して、最初の SAFe ソリューションを実装しています。