Close

Jira を使用できる業務

Jira Software はあらゆるタイプの管理業務に役立つ製品ファミリーの 1 つです。元々 Jira はバグと課題トラッカーとして設計されましたが、現在は要件管理やテスト事例管理からアジャイルなソフトウェア開発まで、さまざまな事例で強力な業務管理ツールへと進化を遂げています。このガイドを読めば、お客様の個別のニーズに Jira のどの特長や機能が役立つかがわかります。

こちらは Jira Software Cloud 用のガイドです。Jira Software Server または Data Center を使用している場合、このページで紹介する機能の一部が異なる場合があります。所有している Jira のタイプがわからない場合は、こちらのガイドをお役立てください >>

Jira を要件やテストケースの管理に活用

最近は、開発作業を反復して行うチームが増えていますが、Jira Software はコーディング、コラボレーション、リリースステージで主要な役割を果たしています。テスト管理で Jira は多様なアドオンツールと連携して QA テストがソフトウェア開発サイクルにスムーズに組み込まれるようにします。その結果、チームは反復的なテストを効果的に行えます。QA チームは、Jira 課題、カスタマイズされた画面、フィールド、ワークフローを利用して、テストを手動・自動管理します。

リストが記されたクリップボード

Jira を他のツールと併用する要件管理の方法

テスト管理機能を Jira 内で提供するベンダーを Atlassian Marketplace で探す。


Jira をアジャイル手法に活用

Jira Software はアジャイル手法を実践する チーム向けにスクラムボードとカンバンボードを標準装備しています。これらのボードは、 タスクをカスタマイズ可能なワークフローにマッピングする管理拠点となり、チームの作業をオープンにして、各作業項目の状況を把握できるようにします。チームはタイムトラッキング機能やリアルタイムパフォーマンスレポート (バーンアップ/バーンダウンチャート、スプリントレポート、ベロシティチャート) を使って、一定期間にわたる生産性を綿密に監視できます。Jira Software Cloud のクラシックプロジェクトで自分に合ったアジャイルボードを見つけてください。

Jira ボードでのチケットの移動

チェックマークCheck Mark課題トラッキング

チェックマークCheck Markカンバンボード

チェックマークCheck Markカスタマイズ可能なワークフロー

チェックマークCheck Markプロジェクトレベルの権限

チェックマークCheck Mark見積もりと作業ログ

チェックマークCheck Markプロジェクトバックログ

チェックマークCheck Mark進捗レポート

チェックマークCheck Markメール通知

チェックマークCheck Markスクラムボード

チームが取り組んでいる作業が、スクラム、カンバン、あるいはその中間であっても、Jira があれば順調に進みます。


Jira をプロジェクト管理に活用

Jira Software Cloud はあらゆるタイプのプロジェクトに合わせて設定でき、所定のテンプレートでプロジェクトに着手するのも、独自のカスタムワークフローを作成するのも自由自在です。Jira 課題 (別名「タスク」) は、ワークフローの各ステップを経て完成まで引き継ぐ必要がある個別の作業を追跡します。チームの管理者は権限をカスタマイズして、各メンバーが閲覧または実行可能なアクションを決めることができます。すべてのプロジェクト情報を基にレポートを生成して、進捗、生産性を追跡し、見落としがないように徹底できます。

複雑なワークフロー

チェックマークCheck Mark課題およびタスク管理

チェックマークCheck Markプロジェクトバックログ

チェックマークCheck Markプロジェクトのカスタマイズ

チェックマークCheck Mark課題のカスタマイズ

チェックマークCheck Markレポートと分析

チェックマークCheck Mark細分化されたユーザー権限

チェックマークCheck Mark統合されたモバイルアプリ

チェックマークCheck Markワークフローのカスタマイズ

Jira Software は、プロジェクトの開始から遂行、そして終了まで、チームがプロジェクトを管理できるようにサポートします。


Jira をソフトウェア開発に活用

Jira Software Cloud には、チームが利害関係者、予算、および機能要件を初日から管理できるように、計画およびロードマップツールが用意されています。Jira は多彩な CI/CD ツールと統合し、ソフトウェア開発ライフサイクル全体で作業の透明化を推進します。デプロイする準備ができると、実稼働コードのステータス情報が Jira 課題として挙げられるようになります。機能フラグツールにより、チームは新機能を安全にロールアウトできます。

ダークモードでコードをスクロール

チェックマークCheck Markリリース計画

チェックマークCheck Markプロジェクトバックログ

チェックマークCheck Markスプリント計画

チェックマークCheck MarkJira Service Management 連携

チェックマークCheck MarkCI/CD 連携

チェックマークCheck Mark機能フラグ

チェックマークCheck Mark課題管理

チェックマークCheck Mark開発ツールとの統合

Jira Software と Bitbucket を統合しているチームは、そうでないチームに比べて 14% 高い頻度でバージョンをリリースしています。


Jira を製品管理に活用

Jira Software Cloud の次世代テンプレートで、チームは各プロジェクトに関連付けられるロードマップを構築できます。チームはこのロードマップを使用して、自分たちの作業の長期的な見通しをとらえると同時に、ロードマップの進捗を追跡・共有できます。ロードマップに詳細な情報を追加すると、他の作業との依存関係を明らかにし、作業の完了時期を予測できるようになります。Jira Software のロードマップを Confluence に組み込み、各チームの「ライブ」ロードマップを強調表示したビューを作成しましょう。

Blueprint

チェックマークCheck Mark次世代テンプレート

チェックマークCheck MarkAdvanced Roadmaps

チェックマークCheck Markプロジェクトロードマップ

チェックマークCheck Mark依存関係のマッピング

チェックマークCheck Markロードマップの進捗トラッキング

チェックマークCheck Mark予測

チェックマークCheck Markロードマップの共有

チェックマークCheck MarkConfluence 連携

詳細なロードマップを構築し、依存関係を管理して、計画と進捗状況を共有します。


Jira をタスク管理に活用

自分や同じチームのメンバーが取り組むタスクを作成し、その詳細、期限、リマインダーを記入します。サブタスクを活用して作業を細分化し、他のメンバーがタスクを監視して、タスクの進捗を追跡し、完了時に通知されるようにします。親タスク内にサブタスクを作成して、チームに所属するさまざまなメンバーのために、作業単位を把握しやすい要素に分解します。すべてのタスクをボードに表示して、各ステータスを簡単に可視化できます。

プロダクト バックログ

チェックマークCheck Markメール通知

チェックマークCheck Markカスタムフィールド

チェックマークCheck Mark課題の階層構造

チェックマークCheck Markタスクのリンク付け/関係

チェックマークCheck Markサブタスク

チェックマークCheck Markプロジェクトのリンク付け

チェックマークCheck Markタスクの変更ログ/履歴

エピック、ストーリー、テーマ、そしてシンプルな構造なのに作業管理に役立つ仕組みをご説明します。


Jira をバグ追跡に活用

チームが構築中のソフトウェア内の問題に起因する課題は「バグ」と呼ばれますが、重要なのは、チームがすべてのタスクとバグをバックログで確認して、総合的に目標を優先順位付けできることです。Jira の強力なワークフローエンジンは、発見したバグを自動的に割り当て、優先順位付けします。これによりチームはプロジェクト完了まで、バグを追跡できます。

根絶

チェックマークCheck Markプロダクト/課題バックログ

チェックマークCheck Markタスク/バグのリンク付け

チェックマークCheck Markカスタマイズ可能なワークフロー

チェックマークCheck Markプロジェクトレベルの設定

チェックマークCheck Markメール通知

チェックマークCheck Markプロジェクトルール

Jira Software を使用して、開発プロセス全体でバグや問題をキャプチャ、追跡、解決する方法をご覧ください。


用語集


スクラムボード

スクラムボードにより、チームはスプリントとバックログを管理できます。


カンバン

カンバンボードにより、作業フローを視覚化し、進行中の作業の全体量を制限できます。


バックログ

バックログにより、チームが取り組む必要のある未解決の課題を把握できます。


エピック
ユーザーストーリー
課題

エピックとは、ひとまとまりの作業のことです。完成するには複数のスプリントが必要になる場合があり、複数のユーザーストーリーで構成されます。Jira 課題とは、プロジェクト内の 1 つの作業を表します。


タイムトラッキング

チームが課題に取り組んだ時間数を記録できるようにする機能です。


カスタム ワークフロー

スクラムボードやカンバンボードで管理中の課題の進捗を促すためにカスタムワークフローを作成できます。


ロードマップ

ロードマップにより、チームが取り組んでいるすべてのエピックのビジュアル表現を作成し、大規模な作業を事前に計画できます。


高度な検索

Jira クエリ言語 (JQL) を使用して、クイック検索や基本検索で実行できない課題の特定の基準を検索します。


権限

チームメンバーに異なるレベルのアクセス権を付与して、機密情報の安全を確保します。


Jira のお客様

Jira Software を使用するチームのタイプの詳細

Jira 統合

Jira は既存のビジネスツールと柔軟に連携します

Jira Software を今すぐ無料で使い始めましょう