Close

毎年恒例のユーザー カンファレンスである Team '22 の基調講演、人気の高いセッション、詳細な製品デモをご覧ください。詳細はこちら。

カテゴリー

SAFe のリーン ビジネス ケース テンプレート

著者: Scaled Agile, Inc.

SAFe アジャイル プラクティスに基づいて、ポートフォリオ エピックのリーン ビジネス ケースを作成します。

テンプレートを使用する
SAFe のリーン ビジネス ケース テンプレート

標準化および整理された 1 つの方法によってすべてのポートフォリオ エピックを追跡することは、リーン ポートフォリオ管理の成功に不可欠です。さらに、SAFe プラクティスの採用によって、リーン ビジネス ケースを介して機会とリスクを管理できます。リーン ビジネス ケースは、構築・計測・学習の SAFe リーン スタートアップ サイクルを通して実装されます。このテンプレートによって、潜在的な完全投資を必要とする投機的な ROI ではなく、メリットに関する仮説と定義した MVP に基づいてビジネス ケースを文書化できるようになります。Confluence によって 1 か所ですべてのポートフォリオ エピックを整理できるため、情報の分析、意思決定の記録、共通の目標に向けて全員の足並みを簡単に揃えられます。詳細はSAFe エピックに関する記事をお読みください。

SAFe のリーン ビジネス ケース テンプレートの使用方法

ステップ 1. スコープとエピックの詳細を特定する

通常、ビジネス ケースの作成はエピックの所有者の主な責任です。リーン ビジネス ケースの作成を開始する前に、このポートフォリオ エピックの準備を整えます。適切なタイミングでリーン ビジネス ケースを作成するようにします。これは、ポートフォリオ カンバン システムの分析フェーズの一部です。タイミングが早すぎると無駄が生じて、遅すぎると状況を理解せずに投資を行ってしまうリスクがあります。まずは提案に関与する担当者を決定して、後援している関係者をすべて含めるようにします。その後、エピックを簡潔に説明してエピックの成功をビジネス成果の仮説で測定する方法を定義し、進捗を示すために用いる先行指標を設定します。これによって、エピックのスコープと (最も重要な) MVP の定義方法を決定できるようになります。実施したバックグラウンド分析を含めて、最終的な継続/中止の推奨事項を取り込むスペースを残すようにします。

ステップ 1. スコープとエピックの詳細を特定する

ステップ 2. リーン ビジネス ケースを作成する

基盤を構築したら、リーン ビジネス ケースを作成する準備ができました。エピックの仮説ステートメントを使用してエピックの説明を開始します。このエピックの説明は、ビジネス上の根拠、つまり、このエピックの「理由」を定義する簡潔な方法です。次に、このエピックのスコープ内/外の内容、および機能以外の要件を定義します。その後、仮説のテストに使用される MVP と、この MVP により生成される潜在的な機能を定義します。可能であれば、参加型予算編成の実施に使用されるのと同じ通貨でコストを見積もります。MVP が成功したら、エピックの全体的なコストの見積もりを提供することを忘れないようにします。最後に、エピックへの投資から予想される利益の種類を記録します。

ステップ 3. 裏付けとなるデータを提供する

分析フェーズで実行されたソリューション分析を提供します。追加リソース、リンク、裏付けとなる証拠を参照して、他のチーム メンバーや関係者が簡単にアクセスできるようにします。添付ファイルにラベルが付けられていることを確認して、メモとコメント セクションによってその他の証拠を書き留めます。これらすべてによって、今後の継続/中止の決断が報告されます。情報過多にならないように注意しましょう。リーン ビジネス ケースは、ビジネス ケースを構築するプロセスをより迅速に行ってレビュー プロセスをより容易にするために作成されました。このフィールドに添付するサポート ドキュメントが多すぎると、レビュアーの速度が低下して一部のメリットが失われる可能性があります。また、チームの計画ミーティング時に、このスペースを利用してメモを記録できます。

ステップ 3. 裏付けとなるデータを提供する

ステップ 4. エピックを最新の状態に保つ

MVP の分析と実装は継続するため、リーン ビジネス ケースを最新の状態に保って、ポートフォリオ レビュー ミーティングや今後のポートフォリオ資金調達を円滑に進めましょう。


Scaled Agile, Inc. は Scaled Agile Framework (SAFe) のプロバイダーです。Scaled Agile, Inc. は、コース、トレーニング、パートナー、ソリューションを通じて、会社全体でアジャイル プラクティスを拡張するための実践方法を提供しています。SAFe によって、大規模で複合的な組織がリーンアジャイルのソフトウェアとシステムの大規模な開発のメリットを実現できるようにします。

  • 1-on-1 meeting template

    Meetical

    1 対 1 のミーティング

    1 対 1 のミーティングを実施して、生産的な労働関係を維持しましょう。

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • Brainstorming template

    Mural

    ブレーンストーミング

    次の優れたアイデアに向けて、リモート ブレーンストーミング セッションを計画、実行、文書化します。