Atlassian Access で
2 段階認証を強制設定

鍵を差し込んでいる人形

2 段階認証の強制設定とは


2 段階認証の強制設定とはセキュリティポリシーであり、組織のユーザーにアトラシアンのクラウド製品にログインしてアクセスするために 2 段階認証を求めます。

2 段階認証の強制設定を使う理由


2 段階認証の強制設定によって、アカウントのパスワードが漏えいしてもアカウントを保護でき、アカウントからアクセスできる情報のセキュリティも向上します。

仕組み


2 段階認証の強制設定の適用時に既存の Atlassian アカウントがある場合は、アカウントから強制的にログアウトされ、次回ログイン時に 2 番目の認証方法を設定するよう求められます。初めて Atlassian アカウントを設定する場合は、登録フローの一環として 2 番目の認証方法を設定するよう求められます。

2 段階認証の強制設定のスクリーンショット