クラウド製品への投資


Jira Software:

Jira Software はすべての Jira Software インスタンスの DevOps のネイティブの自動化と、他の DevOps 自動化機能を改善しました。Jira の操作とナビゲーションがよりわかりやすくなるよう、次世代プロジェクトの操作性、最新の Jira ナビゲーションの UI を継続的に強化したほか、すべてのプロジェクト タイプにロードマップを追加しました。

アトラシアン製品が機械学習の手法と合わせてどのように使用され、時間の削減につながっているかを継続的に分析しています。Jira をよりスマートに改善することによって、予測と自動入力ができ、一緒に作業している人、次の課題のステータスを自動更新できるようにし、さらにはより賢く検索できるようにしています。

最近リリースされた機能、今後リリースされる機能については、「Jira Software Cloud ロードマップ」をご参照ください。

Confluence:

Confluence Cloud は操作性を完全に一新し、会社の信頼できる一元的情報源を今まで以上に簡単に構築できるようになりました。新しくなった効率的なナビゲーション、ホーム、関連フィードで、必要なものが簡単に見つかります。

新しいファブリック エディターは、(テレパシーが使えるようになるまでは) 最も効率的にチーム内でアイデアを共有できます。スマート リンク、スラッシュ コマンド、新しいテーブルで、編集時の操作性を改善しました。新しく進化したテンプレートを導入し、新しいテンプレートを迅速かつ効率的に推奨する機能により、作成時の操作性が向上しています。

権限の操作性を改良して、1000 を超える JAC 投票を解決しました。また、高度な検索を新しくなった快適な UI と使いやすい絞り込み検索とともに導入し、スケーラビリティ、パフォーマンス、検索結果の妥当性を向上するプラットフォームを構築しました。パフォーマンスと信頼性にも、引き続き重点を置いています。

Jira Service Desk:

次世代プロジェクト エクスペリエンスの改善、よりパワフルな Slack 統合による会社の ITSM プロセスの強化、ビジネス チームのための新しいテンプレートとワークフロー、Opsgenie (オープンな EAP) を使ったシームレスなインシデント管理などに取り組んでいます。

最新のリリース内容について詳細は、「Jira Service Desk Cloud 最新情報ページ」をご参照ください。