クラウド バースティング

クラウド バースティングによってプライベート クラウドとパブリック クラウドをブリッジして、コンピューティング リソースを増やす方法

Kev Zettler Kev Zettler

要約: クラウド バースティングはクラウド コンピューティング構成です。これによって、計算能力のニーズが急増するときにパブリック クラウドに「バースト」することで、プライベート クラウドがパブリック クラウド リソースにアクセスできるようになります。

パブリック クラウドと力を合わせられる場合に、プライベート クラウド インフラストラクチャに甘んじるのはなぜでしょうか? ハイブリッド クラウド コンピューティングが最も一般的な形態のクラウド コンピューティングになり、クラウド バースティングがオンデマンドでハイブリッド クラウド コンピューティングのパワーにアクセスする一般的な方法になったという理由付けのようなものです。

クラウド バースティングとは?

Cloud バースト図

クラウド バースティングはアプリケーション構成です。これによって、プライベート クラウドをパブリック クラウドに「バースト」して、サービスを中断することなく追加のコンピューティング リソースにアクセスできるようになります。これらのクラウド バーストは、需要の高い使用状況に応じて、または手動要求によって自動でトリガーできます。

クラウド バースティングを支えるテクノロジーには、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) が含まれます。IaaS は、開発者がオンデマンドでクラウド リソースを動的に構成できるクラウド コンピューティング インフラストラクチャです。構成管理コードとしてのインフラストラクチャ (IaC) のような DevOps ツールは、キャパシティしきい値を指定したり、クラウド バースティングを有効にするイベントをトリガーしたりするために使用されます。

クラウド バースティングのメリット

柔軟なスケーリング

クラウド バースティングは、変化するクラウド キャパシティのニーズに迅速に調整して適応するための俊敏性を提供します。チームがプライベート クラウドへのトラフィックの予期せぬ急増に見舞われた場合は、パブリック クラウドにシームレスに拡張できます。パブリック クラウドにアクセスすると、組織は Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azure などの大規模なパブリック クラウド プロバイダーなど、ほぼ無限のリソースにアクセスできます。さらに、クラウド バースティングは、他の目的に使用できるローカル クラウド リソースを解放できます。

ビジネス継続性

クラウド バースティングは、重要なアプリケーションやサービスがサービスの中断を伴わないようにするのに役立ちます。クラウド バースティングはバックグラウンドで発生するため、レイテンシが最小限であればユーザーは中断を確認できない場合がほとんどです。

運用コストの削減

組織は必要なときに追加リソースに対してのみ課金されるため、重要な機密アプリケーションに必要な最小限のリソース セットを維持することで、プライベート クラウド インフラストラクチャのコストを削減できます。

組織でクラウド バースティングが必要になる場合

クラウド バーストは、計算リソース需要の急増によってトリガーされます。このようなバーストは、ユーザー トラフィックの流入や 1 回限りの高額な計算タスクの可能性があります。クラウド バースティングの一般的な状況は次のとおりです。

ソフトウェア開発
ソフトウェア開発と分析は、最も一般的なクラウド バースティングの 2 つのユース ケースです。多くの場合、DevOps チームはテスト目的で複数の仮想マシンを使用します。これは短期間だけ必要です。さらに、CI/CD タスクはパブリック クラウドへのバーストに適しています。CI/CD では、開発者が新しいコミットをプッシュするときに短時間実行されるいくつかの 1 回限りのタスクが必要になるためです。

マーケティング キャンペーン
新製品の発売に向けたマーケティング キャンペーンでは、大量のトラフィック流入が発生する可能性があるので、クラウド リソースの拡張が必要です。楽しみにしていたハリウッド映画やビデオ ゲーム リリースのマーケティング プッシュを想像してみてください。これらのイベントでは、トラフィックが一時的に殺到するものの発売のニュースが過ぎ去ると収まるため、クラウド バースティングを利用するには絶好の機会です。

ビッグ データのモデリングとクエリ
ビッグ データ企業は多くの場合、ワンタイム クエリを実行するか、プライベート クラウドのキャパシティを超えるモデルを生成する必要があります。これらのタスクは、クラウド バースティングに最適です。このような企業は、タスクを迅速化するために追加リソースへパブリック クラウドをバーストできます。ビッグ データ タスクに関する詳細な例を次に示します。

  • 高忠実度の 3D レンダリング
  • AI と ML のモデル トレーニング
  • 自動運転車両シミュレーション

季節的営業
繁忙期がある企業は、既知のピーク時に追加の計算リソースを必要とします。以下に例を示します。

  • e コマースまたはショッピング サイトのホリデー ラッシュ ショッピング
  • 四半期末の財務処理
  • 政治選挙のシーズン (候補者の提案に関する教育のためのキャンペーン募金とウェブサイトのトラフィック)

結論

クラウド コンピューティング リソースに負担をかける、変化するビジネス ニーズに迅速に対応できる俊敏性が必要な場合は、ハイブリッド クラウドに突入する可能性があります。プライベート クラウド リソースを無期限に拡張することなく、短時間 (または長時間) クラウドの容量を拡張できます。

Bitbucket Cloud でクラウド バースティングのジャーニーを開始しましょう。