Close

アトラシアンイベントを見る

トラック別セッション


新しい考え方と革新的な手法を見つけましょう。サミットのすべてのブレークアウトセッションを、お気に入りのトピックで検索してください。

今年のブレークアウトをプレビューし、アトラシアンの新しいポッドキャスト「Summit in Sight」をお聴きください。自宅からの作業、職場の多様性の神話、IT の前途についてお話しします。今すぐ聴く

A Little Prep Goes a Long Way: Planning your next Jira Server Upgrade

トラック 1

アジャイル

このトラックでは、開発者、テスター、アジャイル推進者、および学習者に向けてアジャイルへの道のりをさらに進めるためのアイデアと実務を学んでいきます。アジャイル環境に焦点を当てながら、品質保証に関するご自分のストーリー、理論を実践するユースケース、および Scrum のベストプラクティスを共有しましょう。

After Agile, DevOps, and Lean IT: Modern Methodology in the Age of Disruption

トラック 2

アトラシアン管理者

このトラックでは、アトラシアンスタックの管理、アップグレード、およびサポートについて取り上げます。どのように使用を開始し、アトラシアンスタックを最大限活用し、組織にアトラシアンをロールアウトしたらよいかについて、ベストプラクティスを共有しましょう。

Advocating Adoption: Best Practices for User-Friendly Jira Configurations

トラック 3

技術チームのユースケースを超えて

このトラックでは、組織の非技術系チーム全体でアトラシアンがどのように利用されているかについて取り上げます。新しく興味深いユースケースで皆に刺激を与えましょう。

Architecting Atlassian for Healthcare and FDA Compliance

トラック 4

DevOps

このトラックでは、開発チームや運用チームがいかに縦割り型組織を変革し、より効果的に連携できるようになりつつあるかについて取り上げます。あなたのチームがソフトウェア開発と運用プロセスで可視性とコラボレーションをどのように向上させたかについて、情報を共有しましょう。

Can DevOps and ITSM be BFFs?

トラック 5

人、プラクティス、文化 -
業務の未来

このトラックでは、業務や戦略の未来に影響をもたらし、チームの成長や繁栄を可能にするトレンドについて取り上げます。変化への適応やよりオープンな業務遂行を可能にしているあなたのチームの文化やプラクティスについて、情報を共有しましょう。

Being Intentional About Teaming

トラック 6

私生活や仕事上の生産性

このトラックでは、私生活や仕事での生産性を向上させるためのツールやプラクティスについて取り上げます。

Be More Productive with Confluence

トラック 7

計画、コラボレーション、追跡

このトラックでは、プロジェクト計画、コラボレーション、測定、および追跡の方法に関するすべてを取り上げます。より迅速なフィードバックループの形成、有意義なレポートの構築、皆で足並みを揃える方法に関するユースケースやヒントを共有しましょう。

Concept to Launch: The Ultimate Confluence Guide for Software Teams

トラック 8

アトラシアンの拡張

このトラックでは、エンタープライズ組織でアトラシアンを大規模環境で実行する方法について取り上げます。皆様と皆様のチームが高可用性、拡張性、パフォーマンスを実現するためにアトラシアンをどのように設定しているか教えてください。

60 Million Customers in 14 Years: How Klarna Managed Extreme Growth with Atlassian

トラック 9

サービスとサポート

このトラックでは、エンドユーザーサポートから IT サービスの管理まであらゆるトピックを扱います。皆様の IT チームがコラボレーションと運用をどのように行っているか、そしてサービス第一の世界でどのようにソリューションを迅速に提供しているか教えてください。

Agile ITSM: New Ways of Working for High Velocity Teams

続報を受け取る

サミットのあらゆることに関する最新情報を受け取りましょう。特別発表、登録期限、発表者ニュースなどにお申し込みください。

Thanks for signing up!