Close

チームの作業に対するクラウド アプリケーションの影響

重要な情報がサイロ化したチーム内に留まり、共有しにくい状態になると、企業全体が停滞します。たとえば、ビジネス側が製品側と戦略的優先事項を効果的に共有できないと、製品チームはエンジニアリング チームに不適切な設計仕様を提供してしまいます。エンジニアリング チームが、ビジネスが必要とするものを作っていない場合、企業は顧客の期待に応えられません。組織の内の役割を超えて情報とコンテキストにアクセスできなければ、チームはビジネスの複雑性が増す中で拡張、連携、適切な価値の提供に苦戦します。

これらの問題は、組織におけるフラストレーションと不信感につながり、生産的なパートナーシップが企業の継続的な成功に重要である場合には、実際の損害につながる可能性があります。

引用符

[クラウドに移行] するまでは、統合された作業の場が存在しませんでした。特にエンジニアリング以外の人が関わっている場合、作業の進捗を追跡できませんでした。ある時点で、それまでとはレベルの違うコミュニケーションと共有、大規模なチーム横断型プロジェクトをより上手く管理する手段が必要になりました。これらを可能にするための統合されたワークフローが必要でしたが、手持ちのツールでは不可能でした。

Sky Frostenson
VSCO テクニカル プロダクト マネジメント部門ディレクター
このストーリーを見る

クラウドでチームを組織化することで、この問題は以下に示す 2 つの方法で解決できます。

  1. 共通クラウド アプリケーション間のシームレスな統合によって、データ フローがスムーズになり、お互いのアイデアを取り入れられます。
  2. クラウド ツールは拡張性を考慮して設計されており、通常、各組織のニーズに合わせて統合をカスタマイズできる、API、コネクター、ブラウザ プラグインの堅牢なセットが付属しています。

全員がインターネットに接続されたデバイスから同じ情報にアクセスできれば、オンラインで得たものを自由に活用できます。最近の Harvard Business Review の調査によると、96% の労働者が仕事における柔軟性の向上を必要としていると答えていますが、必要なタイプの柔軟性を実際に得ているのは 47% に留まっています。これには、柔軟な労働時間、必要に応じて仕事を離れられる自由度、リモートで仕事ができるツールなどがあります。このような柔軟性こそが、変化が速い世界で最高の仕事をするために現代のチームが必要とするものです。

全員がインターネットに接続されたデバイスから同じ情報にアクセスできれば、オンラインで得たものを自由に活用できます。最近の Harvard Business Review の調査によると、96% の労働者が仕事における柔軟性の向上を必要としていると答えていますが、必要なタイプの柔軟性を実際に得ているのは 47% に留まっています。これには、柔軟な労働時間、必要に応じて仕事を離れられる自由度、リモートで仕事ができるツールなどがあります。このような柔軟性こそが、変化が速い世界で最高の仕事をするために現代のチームが必要とするものです。

情報アイコン

Fugro (世界最大手の地質学データ企業) では、チーム間にサイロが出現しました。個人は、メール、チャット メッセージ、付箋、廊下での立ち話など、それぞれが好みのコミュニケーション方法を利用していました。俊敏性と市場投入スピードが成功の鍵となる場合、これは拡張可能なコラボレーション モデルではありません。

チームが統合されたワークフロー コラボレーション ツールのスイートを採用すると、コミュニケーションの障壁を取り払い、シームレスなチームワーク体験を実現できます。

次の記事

Cloud プラットフォーム

Atlassian Trust Center を確認してください

アトラシアンの製品やサービスのセキュリティ、信頼性、プライバシー、コンプライアンスに関する最新情報を提供しています。

クラウド移行

クラウド移行について

クラウドが組織に適しているかどうかの評価を開始するために必要なすべてのリソース、ツール、サポートをご利用いただけます。