Close

これらのクラウドへの移行に関する一般的な思い込みは、企業の成長を妨げていますか?

2020 年半ばまでに、83% の企業がすでにクラウドを導入しました。つまり、システムがすべてオンプレミスの企業は時代の波に乗り遅れていると言えます。実際、2013 年にはすでに、クラウドによって実現する競争の優位性によって収益と利益が 2 倍になることを示す研究が発表されていました。

しかし、何かを始めるときに少し警戒してしまいがちです (または懐疑的にすらなってしまう)。一部の企業は、まだオンプレミスの方がセキュリティ、カスタマイズ性、アプリの数のおいて優れていると考えています。それらの企業は、Atlassian Cloud のアジャイルなリリース スケジュールによってチームが圧倒されてしまうことを恐れています。クラウドは凄まじいスピードで改善し続けているため、半年前には妥当だった懸念も、懐疑的な人が噂を聞くころにはすでに時代遅れになっていることがほとんどです。

そのため、移行に取りかかる前にクラウドの機能、セキュリティ、スピードについて率直に質問することは重要ですが、クラウドに関する一般的な懸念の大部分が現時点では当てはまらないか、ただ単に間違っているのでご安心ください。クラウドはアプリの数が少ない時代もありましたが、状況はすでに変わっています。セキュリティが重大な懸念だった時代もありましたが、今では調査の結果、クラウドは実際にはオンプレミスよりもセキュリティに優れていることがわかっています。

では、クラウドについて何が正しく、何がただの思い込みなのでしょうか?疑い続けますか? その疑いによって、チームの進歩を妨げていませんか?クラウドに関する一般的な誤解のいくつかについて、真実を説明します。

情報アイコン

ご存知でしたか?Google によれば、パフォーマンスの高い DevOps チームがクラウドを使用している可能性はそうでないチームの 24 倍であることがわかっています。

次の記事

Cloud プラットフォーム

サーバーとクラウドの最大の違い

顧客がクラウドを選ぶ主な理由と顧客がオンプレミス ソリューションを検討すべきタイミングについて説明します。

クラウド移行

クラウド移行について

手引きとなる段階的なリソース、ツール、ハンズオン サポートをご利用いただけます。